車を売るときの注意点
査定士について

車買取専門店に対して査定をお願いする場合、査定を行うのは査定士という資格をもった人になります。この査定士ですが、小型車査定士と大型車査定士という二つの種類にわかれています。この査定士ですが、中古自動車査定制度という制度があり、その制度に認められている、中古車を査定する有資格者とされています。査定士は試験を受けて合格した人のみがなることができます。査定士は試験を受けるにも資格が必要です。以下の3つの要件を満たした人が査定士の資格を受験することができます。

第一に運転免許証を所持していること。第二に、自動車販売もしくは整備の経験が半年以上あること。第三に、協会が決めている3日間の研修を終えたもの。となっています。基本的な車の査定額ですが、この査定士の審査の上で査定価格がでてきます。車買取の場合、基本的に事前に自分の所持している車の相場を調べますが、査定士と会う場合は、なるべく、相場の査定額を言わないでおくことをお勧めします。

自分で言った査定額が査定士の判断した金額よりも高ければ断られますし、低ければ、その価格で買うという結論になる恐れがあるためです。また、査定士が買取の担当者である場合、その場でいくらであれば買いますという即決を求めてくる可能性があります。これは買取査定に出す車が人気車種であると言ってくる可能性が高く、他の車買取専門店よりも安く買いたいという判断のもとで言ってくるためです。そうした場合は、あせらずに他社の金額も調べた上で、判断をくだしましょう。