必要書類とは
実印と印鑑証明書

車を売却する際に必要な書類として、実印と印鑑証明書が必要になります。車を売却する際には、譲渡証明書という車を譲渡する旨の書類に印鑑を押しますが、その際に押す印鑑が実印である必要があります。実印とは、自分の住所を登録している市区町村の役所に登録をしている印鑑のことになります。

そのため、実印とは市区町村の役所に登録をしていなければ、実印としての効力を発揮しないものとされています。実印はいろいろな種類の印鑑の中にあって一番重要な意味を持っているもので、実印によって、法律上の権利と義務が発生するものとされています。実印は仮に100円で売っている単なる氏しか入っていない印鑑でも、市区町村の役所で登録すると実印としての効果を発揮します。

車も私有財産の一つとして大きな意味をもっているため、車の売却に際しても実印は必要です。そして、印鑑証明書とはその印鑑が実印であることを証明するための書類となっています。印鑑証明書とは、市区町村などの行政機関がその印鑑に対して実印としての効力をもっているということを記すお墨付きとしての意味を持っています。まさに、その印鑑の所有者はこの人であるということの一番の証明として使用されます。

印鑑証明書には、その印鑑が押されている図と、その印鑑の持ち主が明記されている公的文書として扱われます。車売却をする際には、本人以外に第三者に委任して売却することも可能となっています。その際には、委任状に押す印鑑も市区町村に登録されている実印でなければなりません。