必要書類とは
譲渡証明書

車を売却する時に必要な書類の一つとして、譲渡証明書があります。譲渡証明書とはその自動車の所有者が売買することや譲渡することによって、いつの日時に誰に所有者が変わったのかを証明するための書類になっています。そのため、譲渡証明書は所定の定められた書式になっています。譲渡証明書の記載に関して、売買または譲渡しようとする自動車の旧所有者の譲渡人印の部分に捺印を行いますが、その捺印に使用する印鑑は市区町村に登録されている実印、すなわち印鑑証明書と同一の実印であることが必要となってきます。

また、記載に誤りがあった場合や記載事項に訂正などは、その自動車の旧所有者の捨印による訂正のみが認められています。また記載は黒いボールペンで記載することが必要となります。譲渡証明書に記載する注意点としてですが、旧所有者の住所が、印鑑証明書の住所と異なっていた場合、すなわち住んでいる場所が変わってしまっている場合には、譲渡証明書に記載する住所は現在の住所を記載する必要があります。

また、同時に現在住んでいるところの住民票が必要となってきますので、注意が必要です。譲渡証明書の記載事項ですが、まず、車名、型式、車台番号、譲渡年月日、譲渡人の氏名、住所、印鑑などがあります。譲渡証明書の入手方法ですが、通常は車買取専門店などが用意をしてくれることになります。また、インターネットを通して、中古車専門サイトなどでも書式がPDFなどでダウンロードすることも可能となっています。